医師

抜かりない献立を栄養管理士がチョイス!無事に出産するためには

精子がない状態

下を向く男性

男性不妊の原因の1つといわれている無精子症ですが、これは言葉通り精子が全くない状態のことをいいます。子供を授かるためには精子と卵子の2つが必要になりますが、その精子がなければ意味がありません。子供ができない原因は、男性が無精子症の可能性がありますので病院で検査するようにしてください。自分に精子がないと自覚することができないため。自分から進んで検査を受ける人も少ないでしょう。目安としては夫婦生活を2年以上続けてその間に妊娠することがなければ、夫婦のどちらかに問題があるということです。ですから、お互いに病院で検査を受けることが大切です。夫婦の中には男性が無精子症だと知って離婚する人達が増えていますが、この症状でも治療すれば子供を授かることはできます。まずは医師に相談してからでも遅くはないので、すぐに離婚せずに2人で問題を解決して子供を産むようにしましょう。病院ではこの症状を治療するために、ホルモン剤を注射して精子を出現させるという方法を取り入れています。他にも顕微授精という方法もありますから、このような治療法を取り入れている病院を探すようにしてください。無精子症の原因は様々で、これが原因で発症してしまうということはないので様々な予防をするようにしましょう。普段の生活で予防できる方法は、身体を冷やさないようにすることと睡眠時間を確保すること、そしてストレスを溜めこまないようにすることです。体調によって生殖機能に様々な影響を与えてしまい、勃起不全などの問題があります。また、ストレスも関わっているため溜めこまないようにしましょう。健康的な生活を送ることで病気の予防をしながら無精子症の予防もできます。